新着情報 | 蒼月音

Free BGM Downloads & Sound Production

・無料で使えるBGM素材!・利用報告は不要!・商用利用も可能!※要利用規約参照

蒼月音では無料で使えるフリーBGM素材のダウンロード配布や、
依頼によってBGM・SE制作、音声編集、ミキシング、楽曲アレンジなどの音楽活動を行ってます。
ゲーム、アプリ、CM/PV、ラジオ、ボイスドラマ、パチンコパチスロ、等の製作者様、企業様歓迎いたします!

Agreement: Copyright of the music of this website is owned by the administrator. All tracks are delivered as Creative Commons with attribution.

「 新着情報 」 一覧

【重要】利用規約の改訂と高音質版BGM素材の販売のお知らせ

  2017/12/09    新着情報


◎利用規約の改訂について◎

 

フリーBGM素材の商用利用において利用報告を不要といたします。

 

この度、蒼月音のフリーBGM素材の利用規約につきまして、変更をさせていただくこととしました。

 

これまでは商用利用においては利用報告を必須とさせていただいていましたが、

 

今後は商用、非商用、共にBGM素材の利用報告が不要となります。ただし、利用における著作表示に関しては、どちらの利用形態であっても必須とさせていただきます。

 

商用、非商用ともに利用報告は「推奨」というレベルに変更になります。

 

利用報告していただいた方や作品等のコンテンツについては、当サイトやソーシャルネットワークサイトにてご紹介させていただく場合などもありますし、私(管理人)の制作モチベーションなどにもつながることですので、お手間でなければ報告をしていただければと考えております。

 

利用規約ページの内容についても、この改訂内容を反映させたものに変えておきましたので、詳細についてはそちらをご覧下さい。

 

 

◎高音質版BGM素材の販売について◎

 

BGM素材の高音質版を「Bandcamp」にて販売を開始いたしました。

 

利用規約の改訂と同時に、これまでMP3(160Kbps)で配布していたBGM素材の、公開しているほぼすべての楽曲の高音質版ファイルを、

 

Bandcamp」という音楽配信サービスサイトにてアップロードし、全曲、米1ドルから購入を可能にいたしました。

 

購入していただいた方には、WAV(44.1kHz,16Bit,Stereo)やAIFFその他のお好みの音声ファイル形式でダウンロードが可能です。(当サイトではMP3ファイルのみ)

 

こちらもMP3版BGM素材と同様クリエイティブコモンズ素材として提供され、利用報告不要、著作表示必須でご利用可能ですが、有料となります。

 

Bandcamp」というサイトの購入の仕様として、最低限度額以上を支払うことが可能であるので、実質的に著作者への寄付が可能となることを意図して販売をすることにいたしました。

 

BGM素材の利用者の皆様から(商用・非商用を問わず)のご支援を蒼月音は必要としております。楽曲の販売によって得られた収入は、当サイトの維持・改修・管理費や今後の楽曲制作のための機材の購入などに使わせていただきます。

 

 

◎今回のお知らせの経緯について◎

 

この度、利用規約の改訂と高音質版BGM素材の販売に関して、以下のような経緯がございます。

 

・動画・生配信サイト(再生数によって投稿者に収入がある等)や、ゲームやアプリ(基本無料だが一部課金あり等)など、BGM素材が利用されるコンテンツにおいて、商用と非商用の境界が曖昧になっている現在において、商用利用に関して利用報告が必須という壁があるのは素材サイトとして不利益であると判断したため。

 

・過去にBGM制作依頼をいただいて作った楽曲が、依頼時の契約上フリー素材としてはリリースできなかったので、それらを今後リリースするため、及び、今後BGM制作依頼で制作するであろう楽曲をリリースする経路としてのBandcampの利用。

 

・MP3(160kbps)という現在ではいわゆる低音質とも考えられる音質形式よりも他の様々な高音質形式でも気軽にリスニングやコンテンツ利用を可能にするため。

 

・今後も積極的な音楽制作活動を継続し、当サイトを発展させ、より多くの方に私の音楽を提供し利用していただくため。また、応援してくださるファンの方々によって私の活動を活性化させる可能性を広げるため。

 

主な経緯は以上になります。

 

1,2年前にこういう対応をしておけばよかったと思っていますが、その点については私の不徳の致すところでございます。現在、日本の音楽業界では音楽のセールスが落ち込んだり、世界的に自動作曲ソフトの開発が進んでいたりと、作曲家の価値の格差は広がっていき、音楽の情勢も大きく変化してきていると考えられる中で、私はそれでも音楽を愛し、自分の脳から溢れ出るすべての音楽を、この世界に産み落としていきたいと考えています。

 

今現在でも至らぬところも多々ございますが、今後とも蒼月音をどうぞ宜しくお願いいたします。2017年12月9日 蒼月音管理人